cafew_0519_he

わたしの“カフェ”の話。

店主たちの“好き”を知れば、カフェがもっと好きになれる。
いま、一番行きたいお店の店主たちに、深くお話を聞いてみました。
『すてきなカフェを作ってくれてありがとう!』、そう言いたくなります。

chapter.03

[ha ra]と原こころさん

「愛されたお店のDNAも大切に受け継ぎたい」

あの場所で出合った作り手たちに支えられて
京都を代表する名カフェとして20年に渡って親しまれ、一昨年惜しまれつつ閉店した[efish]。その最後の店長を務めたのが原こころさんだ。「カッコいいけど温かい、そんな店でした。あの場所と同じことをするのはむずかしくても、心地良さを継承できたら」と話す。当初は考えていなかった大通り沿いの物件。だけど元電気屋だった店舗は間口が広く、奥には窓があり、その向こうには小さな庭が。鴨川も京都御所も近く、いい気が流れていると感じた。

 原さんが[efish]から直接引き取ったのは金魚鉢など"モノ"だけではない。大きな財産となっているのが、かつて一緒に働いた元スタッフたちだ。入り口のガラスにのびのびと描かれた絵は、イラストレーター土谷 翠さん作。コーヒーカップとプレートは陶芸家に、そして週2回たっぷりと焼き菓子を届けてくれる[HORNO](P29)も元同僚。才能あふれる作り手たちが、店作りを支えている。

赤い金魚は[efish]の象徴の一つでもあった。受け継いだブルーの金魚鉢は階段下に。3匹がゆらゆらと泳ぐ。

心身をやさしく満たす、丁寧なメニュー

メニューの中で唯一[efish]譲りを公称するのがライムジュース。ライムの薄皮を丁寧に除き、氷とシロップ、炭酸水のみを加え一杯ずつ作られるそれは、目が覚めるように爽やかで清々しい。オーツミルクで仕上げた冷たいポタージュ、鉄板で焼き上げるツナメルトサンドイッチなど、食べ心地の良いフードメニューも好評だ。

アメリカンチェリーとブルーベリーのジャムをふんだんにサンドした[HORNO]のヴィクトリアケーキ682円。バタークリームを合わせたバージョンも。キリッとした清涼感がクセになる、efishのライムジュース880円。ライムの薄皮を取るのが“原さん流”だそう。

覚えやすく言いやすい[ha ra]という店名は、「おなか(ハラ)もこころも満たす」という、原さんの名前とダブルミーニングのコンセプトをあらわしている。よく見るとhaとraの間に小さなスペースが。「これは、ロゴをデザインしてくれた友人のアイデア。肩の力を抜いたイメージですね」。原さんの好きなブロカントがざっくりと配された空間は、日常をリセットしてくれるようなやさしいパワーに満ちている。まさに「カッコいいけど温かい」。鴨川沿いで伝説になったカフェの系譜は、ここで確かに息づいている。

欠けたカップも金継ぎして使い続ける。

※この記事は2021年9月号からの転載です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は掲載時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。最新情報をご確認の上お出かけください。
写真/わたなべよしこ 取材・文/本庄 彩
店舗情報
京都・出町柳
ha raハラ
  • 電話番号
    075-285-4821
  • 住所
    京都市上京区梶井町448-62
  • 営業時間
    10:00〜18:30LO
  • 定休日
    火&不定
  • アクセス
    各線出町柳駅から徒歩5分
Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVVY 2022年8月号
発売日 2022年6月23日(木)定 価 800円(税込)