IMG_8612HE

SAVVY7月号は、一冊丸ごとランチ特集!
『みんなのランチ手帖』をテーマに、
大阪、京都、神戸、奈良、滋賀の
洋食、中国・韓国料理、カレー、エスニック、和食などなど
さまざまなジャンルのイマドキランチを集めました。
そんな最新号から、オープン以来変わらず人気で、
SAVVYでも何回もご紹介しているランチをピックアップ!

神戸・加納町 [LE BOOZY]

甘じょっぱさが癖になる
自分を甘やかす背徳の味

お隣のブランジェリ[THE BAKE]のカンパーニュをフレンチトーストにして、自家製ソーセージ・モルタデッラと半熟の目玉焼きをサンド。縦に積み重ねることで、断面にも萌える。メープルシロップをびしゃびしゃにかけて大きな口でガブリと食べるのが正解! ハムエッグフレンチトースト1,350円

豪快な肉料理が人気のビストロ。「夜と同じ料理を出しても面白くないでしょ」と、オーナー小林元気さんが言うように、ブランチはパンケーキやフレンチトーストなど、アメリカンなメニューを中心に。パンケーキが見えないほど目玉焼きやソーセージ・ベーコンがのったプレートや、フレンチトーストで挟んだハムエッグサンドなど、どのメニューもわんぱくで、夜の料理に通じるがつんとした骨太感あり。姉妹店のブランジュリ[THE BAKE]でメニューに合わせたパンを焼き上げ、自家製シャルキュトリーを使い、パーツ一つひとつに手をかけ重ねることで、おいしさの相乗効果を発揮。さらに、狙わずしてかなりフォトジェニック! 「背徳感がいいでしょ」と、にんまり笑う小林さん。ダイエットは明日からにして、カロリーの海に溺れていたい。


こちらは、フライドチキンサンド。鶏肉はバターミルクに1日以上漬け込み、ムネ肉とは思えないほどしっとり。上新粉を使って、表面はザクザク、中はもちもち食感に焼き上げたバンズとも相性がいい。スパイシーなケイジャンマヨネーズも名脇役。1,500円


レンガ造りの重厚な外観やアンティークの家具や照明が配され、古き良きアメリカンビストロのよう。


ディスプレーしてある雑貨もかわいくてフォトジェニック。


臨場感あふれるオープンキッチン前のカウンターが特等席です!

写真/原 祥子 取材/天野準子

店舗情報
神戸・加納町
LE BOOZYル ブージー
  • 電話番号
    078-778-9686
  • 住所
    神戸市中央区加納町2-3-13
  • 営業時間
    10:00~14:00LO、 18:00~21:00最終入店
  • 定休日
    不定
  • アクセス
    JR三ノ宮駅、各線神戸三宮駅から 徒歩8分

※この記事は2023年7月号からの転載です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は掲載時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。最新情報をご確認の上お出かけください。

Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVV7月号『阪神間』
発売日 2024年5月23日(木)定 価 900円(税込)