IMG_9741HE

編集長の竹村です。

少し前に、石川・金沢に行ってきました。
目的は、2022年に新しくできた石川県立図書館です。

金沢駅や兼六園から、ちょっと離れた場所にありますが、
ここに来たら1日ではぜんぜん足りないくらい過ごせるので、
まったく問題はありません。

外観や、エントランスは、今っぽいおしゃれでキレイな感じなんです。
でも、図書館に入ると、
コロッセオのごとくすり鉢状にドーンと広がる開架スペース。
事前に建物の写真は見ていて、造りは知っていたものの、
その迫力に「おお……」と感動しました。

階段で上がることもできますが、
回廊がゆるやかな螺旋状になっていて、
そこを進むと自然に上層部まで行くことができます。
そして、上には渡り廊下があって、逆サイドにワープもできます。

円形状の本棚以外にも、小部屋やテラスのようなスペースもあって、まあ複雑です。
円環構造なので、自分がどこにいるのか、分からなくなることもしばしば。
正直迷いますが、わざと迷わせるようにしているのではないかと思います。

図書館とか、本屋さんの良さは、
思いもよらない本と出合えることではないでしょうか。
目的の本があったとしても、そこにたどり着くまでに、
「あ、こんな本もあるんだ」という出合いや気づきがある。

普段なら手に取らないであろう、
卓球のハウツー本であったり、アフリカの少数民族の写真集だったり。
図書館なので、読み放題なのもいいところ。
選書も「どやぁ!」みたいな押しつけがましくないので好感が持てます。

そして、座るスペースもたくさんあって、
いろんなところで、ひょいと座って本を読むことができます。
大空間で、うまく視線がズレるように椅子が配置されているんでしょう。

コンセントのある自習スペースみたいなところは、
アプリで予約するシステムだったり、
イマドキの使い勝手の良さを取り入れつつも、
本との出合いや、本と過ごす時間を与えてくれる迷宮でした。
こりゃあ、何日でもいられるぞ、という。

この図書館のためだけに金沢に引っ越したいくらいです。

文化度が高いこととは、このことかと実感しまして
関西にも、こういう場所ができるといいなぁ、と夢想しています。

それではどうぞよろしくおねがいします。

店舗情報
石川・金沢
石川県立図書館
  • 電話番号
    076-223-9565
  • 住所
    石川県金沢市小立野2-43-1

※編集長日記は、毎週金曜更新! 次回は6/16(金)更新予定です。
過去記事は、ハッシュタグ #編集長日記 をクリック。

Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVV7月号『阪神間』
発売日 2024年5月23日(木)定 価 900円(税込)