_TAK4430hd

衣食住をボーダレスにしたいんです


 一番奥にセレクトショップ、その手前に雑貨コーナーがあり、入り口側にはオープンキッチンのカフェ。一つの空間で“衣食住”を展開するこちらは、国産デニムを軸に普遍的な日常着を提案するアパレルブランド・HATSKIが手掛ける複合店。「ブランドを7年間やってきて、通販が主流となりつつある中、人が集まる場所を作りたかった」と、デザイナーで代表の三宅正剛さん。もともと服に関しては、和歌山で糸から生地を織ってもらうなど、素材には徹底的にこだわっており、そこをカフェの食材選びにもリンクさせている。オープンしてまだ1年半だが、国内外からゲストシェフを招いたり、個展や雑貨のポップアップを開催したりと、枠にとらわれない衣食住のイベントで人気も右肩上がり。「生産者と消費者のバランスを取る“シーソー”に」というコンセプトが、六甲という街できっちり具現化されている。

オーナー三宅さん(左)とスタッフLUKAさん。

パンと具材をお好みで選べるサンドは700円~(写真は計2,150円。カンパーニュ350円、ソーセージ650円、フィッシュ600円、ベジタブル550円)。カフェラテ600円

[csew]の雑貨・洋服をCHECK!
☑雑貨…器、キッチン雑貨 etc.
☑洋服…オリジナル(HATSKI)、セレクト etc.

  • カフェで使用しているマグも販売。グリーンやピンクがキャッチーな器は大阪在住の陶芸家、大園篤志の作。マグカップ3,630円
  • ボーダーカットソーをディスプレーしているワインスタンドはアンティーク。9,900円
  • HATSKIのほかにセレクトも。
  • 鮮やかなブルーのブルゾンはショート丈が軽やか。モルスキンジャケット36,300円(HATSKI)
  • 毎シーズン入荷する日本製のリネンブランド。シャツ39,600円(オールドマンズテーラー)

写真/エレファント・タカ 取材・文/天見真里子

店舗情報
神戸・六甲
csewシーソー
  • 電話番号
    078-891-3066
  • 住所
    神戸市灘区山田町3-2-6
  • 営業時間
    8:00~17:00
  • 定休日
  • カード使用
  • 席数
    15
  • アクセス
    阪急六甲駅から徒歩4分
※この記事は2024年2月号からの転載です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は掲載時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。最新情報をご確認の上お出かけください。
Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVV8月号『関西で楽しむ!アジアなランチと雑貨』
発売日 2024年6月21日(金)定 価 900円(税込)