IMG_6263hd

かつて名物喫茶[西陣ほんやら堂]があった町家の2階に、ブックストアがオープン。運営するのは、複数の新刊書店に勤めてきた新刊担当の涌上昌輝さんと、イベント出店などで古本を扱ってきた古本担当の佐光佳典さん。店を見渡すと、ベンヤミン、ヘミングウェイ、保坂和志などの文芸書から、レシピ本、リトルプレスまで、硬軟取り混ぜてセレクト。涌上さんいわく「西陣に寄り添うように」展開していくそう。とはいえ、すでに長年営業されているかのような落ち着いた雰囲気で長居は必至かも。店内で階下のレストラン[OASI]のコーヒー550円をいただくこともできる。ちなみに“余波”は読後の余韻を大切に、というところから。

店内には、アート展示やポップアップイベントを開催する一角も。取材時は『RE 香港文化市』と題し、現地の雑貨や香港モチーフのトートバッグなどを扱う企画を開催。

ロックや和物など、中古レコードも取り扱う。

涌上さんのお薦めは『佐々木敦による保坂和志(仮)』(佐々木 敦、HEADZ)1,000円。大手の出版流通にはのらないリトルプレスやZINEなども。平置きされているのが新刊。

店舗情報
京都・堀川今出川  2024.1.12 OPEN
余波舎/NAGORO BOOKSなごろしゃ/ナゴロブックス
  • 電話番号
    なし
  • 住所
    京都市上京区前之町443 2F
  • 営業時間
    13:00~19:00
  • 定休日
  • カード使用
  • アクセス
    市バス「堀川寺ノ内」 バス停から徒

※この記事は2024年5月号からの転載です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は掲載時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。最新情報をご確認の上お出かけください。

Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVVY5月号『北摂2024』
発売日 2024年3月23日(土)定 価 900円(税込)