OKAY1707_he

小さな窓からこんにちは。
4.8坪に思いをギュッと凝縮!

「夫婦共に長年、パンとコーヒーの製造販売に携わっていて。二人の知識と技術を生かせるお店をしたかった」と話す店主の青木康晃さん。京都や大阪で1年かけて物件を探すも見つからず途方に暮れていたころ、この物件と出合った。「小さすぎる」と不動産サイトにも掲載されていなかった物件だったが、青木夫妻は運命を感じた。

「日常に寄り添ったパンが目指すところ。駅から近く、大型スーパーもある。住宅街の一画で人の流れもあり条件的にはぴったり。うまくレイアウトすればできるという確信がありました」。

「幅広い世代に愛されるように」と、やわらかいパンが中心に毎日40〜50種が並ぶ。

特注ショーケースの大きさに合わせ、接客用の窓、冷蔵ケースを埋め込み、パンを売るための最小限の空間を無駄なく構築。隣には「パンと共においしいコーヒーを楽しんでほしい」と小さなエスプレッソマシンまで置き、スペシャルティコーヒーの販売コーナーも設けた。「小さくともベストを尽くしたい」と工夫を詰め込んだ空間には二人のパンとコーヒーへの愛情があふれている。

康晃さんがパンの製造を、奥様の彩圭さんはバリスタと焼き菓子の製造・接客を担当する。

「スペシャルティコーヒーを身近な存在に」。一杯432円と、パン同様にお手頃価格で提供。

ケースにギュッと並ぶ多彩なパン。「いろんなパンを選べる楽しさも大切にしたくて」

カフェラテ486円は、[清水京あみ]の深煎り、[LANDMADE]の浅煎りの2種から選べる。

写真/岡本佳樹  取材・文/杉田裕路子

※この記事は2021年1月号からの転載です。

店舗情報
大阪・金剛
ブルーツリーベーカリー
  • 電話番号
    072-367-822
  • 住所
    大阪狭山市半田1-677−2
  • 営業時間
    10:30~14:00
  • 定休日
    月・水
  • アクセス
    南海金剛駅から徒歩5分
Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVVY 2022年11月号
発売日 2022年9月22日(木)定 価 820円(税込)