IMG_3968HE

編集長の竹村です。

焼き菓子不毛の地と言われていた関西。
不毛というか、焼き菓子は高い値段では売れない、と、
とある有名パティシエが嘆いていたのは、十年程前のこと。

関西では、焼き菓子より生菓子(ケーキなど)のほうが価値が高いと
思う人が多くて、生菓子には高いお金を払っても、
焼き菓子には、なかなかお金を使ってくれない……。
そう言っていたのが嘘のように、昨今は、関西も焼き菓子ブームです。
(サヴィでも焼き菓子特集をしました!)

そして、焼き菓子のブームも相まって、クッキー缶が大人気。
なかなか手に入らないものもあったりします。

そんな人気の焼き菓子のお店[Maison Sel]が、
会社の近所にできたので行って参りました。

角地で、窓が大きくて開放的なお店です。
中に入ると、まずショーケース。
オープンキッチンと広いカウンターがあって、テーブルがいくつか並んでいます。

ここのテーマは、店名からも分かる通り、塩。
塩?

なんでもオーナーの趣味がダイビングで、海への造詣が深く、
そこから「人が生きていくに塩が欠かせない」と。
なので、日本、フランス、イギリス、イタリアの塩を使ったスイーツを作ったそう。

塩を使っているといっても、
食べて「うわ塩!」ではなくて、
ほんのり感じる程度で、
むしろうま味と甘みがふんわりと。

スパイスを使ったスイーツもはやりなので、
塩スイーツ、今っぽいです。

今っぽいと言えば、カフェメニューのドリンクが、
コーヒーではなく、ティーメインだったのも、今っぽいと。
(サヴィ8月号のお茶特集も、大好評ですよ!)


ちなみに写真は、シロップを入れると色が変わるバタフライピーティーです。

あと、缶もオリジナルで作っていて、文字入れをオーダーできます。
しかしまあ、スイーツの缶って、なんであんなにかわいいんでしょうね。
(缶のことをカンカン、って言ってしまうのは関西人だけなのか)
テンションあがりますよね。

それではどうぞよろしくお願いいたします。

※編集長日記は、毎週金曜更新! 次回は9/22(金)更新予定です。
過去記事は、ハッシュタグ #編集長日記 をクリック。

Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVV8月号『関西で楽しむ!アジアなランチと雑貨』
発売日 2024年6月21日(金)定 価 900円(税込)