1003-2_he

新刊と古書を扱う神戸・元町の書店[1003]が移転。移転を決めたのは、「広くゆったりした空間でイベントなどを開催できたら」との店主・奥村千織さんの思いから。以前よりも明るく、開放感の増した店内に足を踏み入れると、平積みされた神戸の作家コーナーやリトルプレスの棚が目を引く。


奥村さんの人脈の広さや人柄ゆえ、作家からの著作の持ち込みも多く、蔵書のジャンルは多岐にわたる。本棚ににじみ出る、神戸の人々との交流の軌跡を感じてみて。
左、津川絵理子句集『夜の水平線』2,700円(税抜き)、戸田勝久『小さな手紙―先人たちの想いぶみ』1,000円。津川絵理子さんの句集の装丁は、戸田勝久さんが手掛けた。共に神戸在住の作家で、奥村さんも交流があるのだそう。

写真/米田真也 取材・文/佐藤 好
※この記事は2021年4月号からの転載です。

店舗情報
神戸・元町
1003せんさん
  • 電話番号
    050-3692-1329
  • 住所
    神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル504
  • 営業時間
    12:00~19:00
  • 定休日
    火・水
  • アクセス
    各線元町駅から徒歩5分
Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVVY 2022年8月号
発売日 2022年6月23日(木)定 価 800円(税込)