L1010588nobi

SAVVYがいま気になるのは、関西から気軽に行ける瀬戸内。
岡山、広島、香川、愛媛のかわいい・おいしい・楽しいスポットを集めました。
SAVVY6月号『行こうよ!! 瀬戸内』からご紹介します。

おいしいも絶景も! 讃岐っ子の新定番を見つけに

香川の西南に位置し、穏やかな燧灘(ひうちなだ)とのどかな田園地帯が広がる観音寺。
お隣の愛媛在住者も行き来する、ここだけのものがいっぱいな“ちょっと気になる街”なのです。

風味豊かなふわむちのうどんが描く丼の中のスマイル

「屋号の〝カマ〟は、〝釜揚げでおいしいうどん〟を目指したところから」と店主の秋山京介さん。香川産・さぬきの夢とオーストラリア産小麦粉などをブレンドして3日間熟成するうどんは、ふっくらした口当たりの奥にコシがあり、噛むと同時に小麦の香りと甘みが広がる。確かに、釜から揚げたそのままでも存在感たっぷりの味わいだ。イリコ、サバ、シイタケでとっただしを使うかけうどんでは、磯の香る汽水域のように穏やかなだしに泳がせだけで、生地のうま味が一段と柔和な印象に。食後は、丼の中の笑顔と同じくらいにっこりしてしまうはず。

まずはそのまま、しょうゆもかけずに素のうどんを味わってみて。きめ細やかでしっとり、むちっと弾む生地を楽しめる、釜たま500円

透明感のあるイリコだしの中でリラックスしているようなうどんのふわもち感を、たっぷりのワカメと一緒にどうぞ。かけ・わかめ500円



窓が大きく天井の高い空間は、秋山さんの実家が営んでいた電器店をリノベーションしたもの。


サイドメニューはおにぎりやいなり、季節ごとに旬の地元野菜を使う一品もあるが、定番人気は天ぷらの“とりちく”350円。

「うどんを食べ飽きている讃岐の人もいるから」と水曜日のみ「水カマキリ」と称してそばやラーメンといったうどん以外を振る舞う日に。


お店の裏にいるのはヤギのなっちゃん。時々お散歩していることも。驚かさないであげてね。

写真/岡本佳樹 取材・文/SAVVY

店舗情報
香川・観音寺
うどん カマ喜ri うどん かまきり
  • 電話番号
    0875-24-8288 
  • 住所
    香川県観音寺市柞田町甲46-3 
  • 営業時間
    11:00~14:00※売り切れ次第終了 
  • 定休日
    日(水はうどん以外のメニューで営業〜13:00)
  • アクセス
    大野原ICから車で10分

※この記事は2023年6月号からの転載です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は掲載時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。最新情報をご確認の上お出かけください。

Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVV7月号『阪神間』
発売日 2024年5月23日(木)定 価 900円(税込)