1

SAVVY NEWS Shop

2022.10.3 MOVED!

暮らしに溶け込む作品や
アートピースを提案

国内作家の陶磁器を中心としたギャラリーショップが、もとあった西田辺のビルの一室から徒歩すぐの路面店へと引っ越し。移転を機にフロア面積を拡大し、オブジェやガラス工芸の取り扱いをスタートした。

「ここまでやるのかと思わず言いたくなる、作り手の執念を感じられる器を集めています」と話す店主の河辺 拓さんは純粋な器ファン。店内には独特の造形が愛らしい菊池俊治の白のマグカップや青い釉薬が印象的な鈴木圭太の器など一点物がずらり。今後は絵画の展示・販売も行う予定!

4
3

千葉を拠点に活動する陶芸作家・鈴木圭太による7寸皿各6,490円は、釉薬のじんわりとした流れが織りなす温かみのある表情が魅力。店名の埠頭から連想する「海のように奥ゆきのあるブルーがお店のイメージにぴったりです」と河辺さん。

兵庫・尼崎のアトリエで制作を行う油彩アーティスト・山下雅己が手掛ける「セラミックヒューマン」9,900円〜は、宇宙人のようなユーモラスなフォルムや色遣いが特徴。上の太陽の塔は、公式グッズのため非売品。

店舗情報
大阪・西田辺
futou / うつわ 図書 雑貨ふとう
  • 電話番号
    なし
  • 住所
    大阪市阿倍野区阪南町4-11-5 Gemut阪南1F
  • 営業時間
    13:00~19:00
  • 定休日
    火・水&12/31〜1/5
  • アクセス
    大阪メトロ西田辺駅から徒歩7分
※この記事は2023年2月号からの転載です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は掲載時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。最新情報をご確認の上お出かけください。
Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVV8月号『関西で楽しむ!アジアなランチと雑貨』
発売日 2024年6月21日(金)定 価 900円(税込)