hd_L1200192

朝ごはんは外食という人も多いアジアの国・地域たち。
早起きして食べる、台湾やマレーシア、タイなどの朝食は格別!
現地まんまの空気感や、日本食とのコラボなど、思い思いの味を楽しんで。

~TAIWAN~
by 大阪・野田[クーシャンの台湾式朝食屋さん]

週末の早起きが楽しくなる
本場レシピの朝ごはん

[台湾料理故郷(くーしゃん)]が、すぐご近所で朝食専門店をスタート。お店を切り盛りするのは、台湾にルーツをもつ店主・吉田知幸さんの母、麗(レイ)さん。台北で食堂を営む親戚にレシピを教わったメニューは、蛋餅(ダンピン)や水煎包(スイチェンパオ)といった定番の朝ごはんがずらり。台湾人が朝食をとる早餐店(ヅァォツァン)のようなスタイルがここでは楽しめる。「朝は体を冷やさない方がいいから」と、水煎包のキャベツや春雨、豚肉のたねにはとショウガをたっぷり入れるなど麗さんの優しさも。日本では珍しい、お米と落花生で作るライスミルクも現地では朝の定番だそうで、ナッツの香ばしさとほのかな甘みが癖になる。どれも手作りの素朴な味わいで、体を優しく目覚めさせてくれるはず。
☑8:00〜12:00頃LO(売り切れ次第終了)


蛋餅(ダンピン)
もちもちの生地と卵を焼いて包む定番朝ごはん。千切りのキュウリを添えるのが麗さん流。コーンやチーズなど具の追加もお薦め。580円

水煎包(スイチェンパオ)
キャベツやネギ、春雨などの具がヘルシーな肉まん。前日から発酵させるもちっとした生地も美味。380円

ライスミルク
有機落花生とお米の飲み物は、台湾人ならおなじみの味。独特のとろみと甘みで温&冷どちらも人気。480円

飯糰(ファントァン)
高菜や肉でんぶ、煮卵、サクサクの揚げパンなどをもち米で包んだ、食べ応え充分の台湾おにぎり。680円

葱抓餅(ツォンツァピン)
ネギ入りのサクサク生地のシンプルなおいしさにはまる屋台スナック。ニンニクが利いた自家製ソースも良く合う。580円

食べる豆乳
無農薬大豆とその煮汁で作る自家製豆乳。豆乳特有の青臭さがなく、苦手な人でも飲みやすい。480円

写真/岡本佳樹 取材・文/林 真央

店舗情報
大阪・野田
クーシャンの台湾式朝食屋さん
  • 電話番号
    なし
  • 住所
    大阪市福島区吉野2-12-9
  • 営業時間
    8:00~12:00頃LO※売り切れ次第終了
  • 定休日
    金・土・日のみ営業
  • カード使用
    不可
  • 席数
    5
  • アクセス
    阪神野田駅、大阪メトロ野田阪神駅から徒歩5分
※この記事は2024年8月号からの転載です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は掲載時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。最新情報をご確認の上お出かけください。
Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVV8月号『関西で楽しむ!アジアなランチと雑貨』
発売日 2024年6月21日(金)定 価 900円(税込)