それいけスパイスカレー

「スパイスカレーを阪神間に! 」ホットな意気込みの店主が営むスパイスカレーが、阪神間にじわじわ増加中です。おすすめの2軒をご紹介!

1軒目 【今津】ボマイェ

いりこだしの旨みと スパイスのおいしい関係

カレー店の前は焼鳥居酒屋やラーメン店を営んでいた店主の内山宏太さん。スパイスカレーの文化に魅了され、数々のメニューを生み出してきた彼が新たに注目したのは、だしとスパイスをかけ合わせた一品。「だしはラーメンのスープ作りに通ずるところもあって。イリコやカツオ、あごなどを混ぜた和風だしとスパイスのバランスを細かく調整しました」とこれまでのノウハウを凝縮。写真のカレーは、ひと口目からダイレクトに旨みが広がり、スパイスの香りと辛さが追いかけてくるだしカレーと、鶏のしぐれカレーのあいがけ。炭火で焼いた親鳥などの豊富なトッピングも合わさり、どこから食べてもおいしいひと皿に。ほかにも、不定期で登場のエビだしベースに刺し身をトッピングしたカレーもおすすめ!

いりこと親鶏の出汁カレーと 鶏のしぐれカレーのあいがけ

だしのバリエーションが楽しい、いりこと親鶏の出汁カレーと鶏のしぐれカレーのあいがけ1,480円。

店主の内山さん。

2軒目 【住吉】エフブンノイチカレー

自分だけの味が楽しめる カスタム仕様の新カレー

兵庫駅にある老舗喫茶[神戸一]が実家というオーナーの片山雅弘さん。コンサルティング会社を運営する傍ら、自身の好きなカレーを独学していたところ、縁あってカレー店をオープンすることになった。カレーのテーマとしたのは「食べやすさ」。タマネギを多めにして甘く仕立てたベースに、基本のスパイスは用いるが、チリやカイエンペッパーなど辛みの強いスパイスは極力控え、卓上にある7種のスパイスで辛さや風味を自由に調整してもらうスタイルに。また、「カレーといえば豚カツ!」という片山さんの好みで、カツにエビフライ、ハンバーグやハムカツなどトッピングが豊富なところもうれしいポイント。少しとろみのある欧風カレーと合わせれば、食感の違いもあいまって一度で二度おいしく楽しめます!

あいがけカレー

欧風とスパイスカレーがひと皿で!あいがけカレー680円。数量限定で写真のスパイスライスに変更可で、350gまでの大盛りもOK(共に無料)。トッピングのスパイス卵150円。

左から、スタッフの渡辺さん、鳥居さん。
店舗情報
兵庫・今津
ボマイェ
  • 電話番号
    なし
  • 住所
    西宮市今津水波町1-28
  • 営業時間
    11:00~14:00LO
  • 定休日
  • アクセス
    各線今津駅から徒歩すぐ
店舗情報
兵庫・住吉
エフブンノイチカレー
  • 電話番号
    070-8503-6088 
  • 住所
    神戸市東灘区住吉本町1-4-3 網代ビル2F
  • 営業時間
    11:30~14:00LO※売り切れ次第終了
  • 定休日
    不定
  • アクセス
    JR住吉駅から徒歩2分

写真/岡本佳樹 沖本明 取材・文/土橋健司 林真央 

※この記事は2021年12月号からの転載です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は掲載時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。最新情報をご確認の上お出かけください。

Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVVY 2022年7月号
発売日 2022年5月23日(月)定 価 820円(税込)