_COD8715HE

レストランの洗練の技で
奈良素材がおやつに変身

2016年に東大寺旧境内の跡地である現在の場所に居を移し、奈良の風土を写したひと皿を作り続けるレストラン[akordu]の川島 宙シェフ。そのエッセンスをドルチェとして味わえるカフェが、同敷地内にオープンした。レストランのデザートでもおなじみのアコルドゥ ティラミスをはじめ、奈良にゆかりの深い柑橘・大和橘を使ったホワイトチョコムース、甘みの強い在来種の大豆・大和大鉄砲を使ったプリンなど、県外ではなかなか出合えない素材を独自の解釈でお菓子へと変換。テイクアウトもできるので、奈良土産にも◎!

生地もクリームも“奈良味”です

奈良県産米粉100%でややもっちりに仕上げたシュー生地や、クレームパティシエールとシャンティにも月ヶ瀬のほうじ茶を使い、深い香ばしさを堪能できる。米粉とほうじ茶のシュークリーム440円(テイクアウト432円)


直径約10cmはあろうかというレモンサブレ410円。生地に果汁とゼストを加え、アイシングにも果汁を加えることで、ほろりとした食感の中に甘酸っぱい香りが充満。


他に、デザートプレート715円~、コーヒーはアバロッツァブレンドに加えシングル4種各600円~

店舗情報
2023.9 OPEN 奈良・きたまち
くもり時々アバロッツ。
  • 電話番号
    0742-77-3668
  • 住所
    奈良市水門町70-1-3-1
  • 営業時間
    10:00~18:00LO(テイクアウト~18:30)
  • 定休日
    月&不定
  • 席数
    12、テラス14
  • クレジットカード使用
  • アクセス
    近鉄奈良駅から徒歩10分

※この記事は2023年12月号からの転載です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は掲載時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。最新情報をご確認の上お出かけください。

Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
関連号はこちら!
関連号はこちら!
SAVVY12月号『だから奈良が好き!』

歴史があって自然に恵まれていて歩いているだけでも楽しい街。……でもそれだけじゃない、控えめだけれど芯があってちょっぴりエッジが効いている。今の〝あをによし奈良〟を探しに出掛けませんか?注目の焼き菓子店から、由緒ある建築の中で楽しむティーサロン、奈良の食材を活用する独創的なレストラン、古い街並みに溶け込む喫茶店など、新しい奈良がいっぱい。この秋注目の奈良の2大アートイベント「第75回 正倉院展」「MIND TRAIL 奥大和」の楽しみ方も!

SAVV7月号『阪神間』
発売日 2024年5月23日(木)定 価 900円(税込)