IMG_1677_he

SAVVY編集長の竹村です。

ホテルのスイーツビュッフェが人気です。
(SAVVYでもよく取り上げています)
いまは、アフタヌーンティがとても人気です。
その人気ぶりから11時、13時、15時の三回転するホテルなんかも。
でも、「アフタヌーンちゃうやん」なんてツッコミは野暮というものですよ。

さて、そのホテル。
仕事柄、お伺いすることも多いです。
ビュッフェの取材はもちろん、なにかしらの発表会や展示会などなど。
いろんな種類のホテルにお伺いします。
そこで気づくのは、若い人をあまり見かけないこと。
なにかしらの会合で来てるらしきスーツ系若者はみかけるのですが、
ロビーを待ち合わせに使ったり、カフェを使ったりする人はほぼみません。

さて、いきなり話が変わりますが、
先日、北海道・トマムで、星野リゾートの星野佳路代表と話をする機会がありました。
正確に言うと、スキーバムの星野さんと一緒に滑ったということですが。
(竹村は数十年来のスノーボーダーでして)
滑ってるときは、お互い「ヒャッホー!」って感じなんですが、
滑るにはリフト(orゴンドラ)で、ゲレンデの上にいかないといけません。
その間に、あれこれを話をしました。
(しましたというか、するしかないというか)

ちょうどトマムに広島の高校が修学旅行でスキーにきていて、その話になりました。
スキー好きなら北海道で滑るのは、「最高」の二文字しかないのですが、
まったく滑ったことのない高校生からしたら、どうなんだろう? と。

もちろん、「楽しー」と開眼する人もいるでしょうが、
初っぱなからスイスイ滑れる人はいないし、
そこに到達するには修学旅行の数日ではやや心許ない。

そこで星野さんが言ったのは
「とにかく嫌な思いをさせないことが大事じゃないか。また来てもらうには、楽しい思い出として残さないと」と。

なるほどなーと思いました。
自分のことを思い出すと、始めて滑ったのは小学校の低学年。
今ほど道具もよくないし、技術もないしで
痛いわ、冷たいわ、苦しいわで面白くなかった。
本気で面白いと思い出したのは、大人と同じサイズになってきた高校生くらいでしょうか。

修行じゃないんだから。

まぁそうですね。
そこで星野さんいわく
「雪合戦でも、ソリでもいいから。とにかくゲレンデが、スノーリゾートが楽しいと最初に思わせたほうがいい」

食べ物の好き嫌いも、最初においしいものを食べたかどうか、が
大事な気がしませんか。

そこで、急激にホテルに話が戻ります。
もちろんホテルで嫌な思いをすることは、ほぼないんですけども、
めっちゃいい思いとか、こういう使い方は便利だ!っていうのもないかも、と。

何回か使ってるうちに、塩梅がわかってくるんですが、
日常的にホテルを使う人は、そうそういないかもしれません。
とはいえ、特に都市部のホテルは、パブリックスペースとして
いろいろ使い勝手がいいし、ホテル側も便利に使って欲しいと思っているようです。

インバウンド需要で、めちゃくちゃホテルが増えた関西ですので、
せっかくあるなら、使ってみたらどうでしょう。というお話でした。

次回は、新今宮にできた星野リゾートの新ホテルをめぐる話でも。

※編集長日記は、毎週金曜更新! 次回は5/27(金)更新予定です。
過去記事は、ハッシュタグ #編集長日記 をクリック♪

Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVVY 2022年8月号
発売日 2022年6月23日(木)定 価 800円(税込)