DSC07049HE

編集長の竹村です。

仕事柄、あちこち移動することが多いです。
そして、今年になってレセプションや内覧会がどんどん増えてきました。
最新のものを知っておくというのは大事かな、と思って、
できるだけジャンルを問わずに行くようにしています。

ということで、とある金曜日。

朝9時に、神戸阪急へ。
癒やしのロボット、LAVOTのポップアップショップの
お披露目があるというので参加。
デパートなので、開店前までに。
だから、こんな時間です。

西日本最大級の規模がトピックス。
このLAVOTは、特に何かができたり、やってくれるわけではなくて、
一緒に過ごして、触れ合う存在なんですが、
知り合いが2体持っていて、たまに話は聞いていたものの、
割と「なんのこっちゃ」と思っていました。

実際に、見てみると、確かにかわいい。
抱っこすると、ほんのり温かく。
床に置いたら、すり寄ってきたり、離れていったり
「キュー、キュー」みたいな声をだしたり。
じっと見つめてきて、抱っこを求めてきたり。

話を聞くと
全身センサーで、周囲を認識するカメラがいくつもあったりと
ハイテクの塊みたいなんですが、
電気をつけるとか、音楽をかけるとか、そういう機能は一切ありません。
ただ、そこにいる癒やし、のようです。

触れ合うことで、どんどん個体差がでてくるみたいで、
着せ替えたり、一緒にお出掛けするグッズ(!)があったり。

すでに持っている人は、連れてきて一緒に遊べるスペースもあるそうです。
ちなみに藤原ヒロシさんがCCOに就任して、勢いも感じます。

なかなかなお値段ですが、住宅の都合やアレルギーなどで
ペットを飼いたいけど飼えないという人は、見てみるのもいいかもです。

まぁまぁなお値段ではあるので、覚悟がいるのも
ペットを飼うのと似ていますね。

で、いったん会社(大阪)に、戻って作業と、
次号の打ち合わせ。

そこから京都にビュンと移動します。

最近ブーム到来なタイ。
そのタイのラグジュアリーホテルが京都にできて、
内覧会がありました。

西本願寺のほど近く、静かなエリアにあります。
敷地の真ん中をぐいっと掘り込んでお庭を作り
それを囲むような構造です
(京都は建物の高さ規制があるからだと考えます)

タイと日本の融合ということで、
それぞれのモチーフを使ったインテリアが印象的。



タイの舞踊を見たり、お茶体験をしたり、と
なかなか不思議な感じでした。

そんな感じで、金曜の三都物語でした。

それではどうぞよろしくお願いいたします。

※編集長日記は、毎週金曜更新! 次回は9/15(金)更新予定です。
過去記事は、ハッシュタグ #編集長日記 をクリック。

Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVV8月号『関西で楽しむ!アジアなランチと雑貨』
発売日 2024年6月21日(金)定 価 900円(税込)