DSC05567_HE

旅の楽しみ、やり方はいろいろあります。

編集長の竹村です。

春休みに加えて、人も世の中も動き出した感があります。
外に出たい、旅に出たい気持ちもいっぱいになってませんか?

そんな気持ちに応えるべく、4月21日発売の『SAVVY』は、
瀬戸内の旅特集です。

おだやかな海と、ゆったりと流れる時間、おいしいものもたくさん!
そんな瀬戸内の取材まっただ中の編集部です。

わたしは愛媛県・松山に取材に行ってきました。
道後温泉と松山城、アートやすてきなお店など、
定番から最先端のスポットまで巡ってきました。
詳しいことは、おいおいお伝えします。

冒頭で世の中が動き出したと書きましたが、
ぼやぼやしていたら、ホテルも、飛行機もいっぱいで、
少し焦りました。

ホテルはなんとか押さえることができたものの、
飛行機はとることができずに、
松山まで自走で行くことに。

最後の取材時間がそこそこ遅く、最終便との時間もギリギリだった
というのもあります。

あと、なによりわたしが長距離移動が苦にならない。
というか、むしろ好きなのではないか、のもあります。

旅の楽しみ方はいろいろとあると思います。
名所旧跡を訪ねる。その土地ならでは歴史を学んだり、
おいしいものを食べたり。
あるいは、人との触れ合いで旅情を感じたり、
ダイナミックな自然を目の当たりにするとか。

まあ、いろいろあると思います。
そんな中、わたしの中で旅を感じるのは移動ではないか、
とうすうす感じてまして。

飛行機だとワープ感がありすぎますが、
車でも電車でも、どんどんと景色や、気温が変わっていくのを
肌で感じるのがわたしの旅の中枢にあるのではないかと。

そんなこんなで、松山出張の翌日に
プライベートで松江まで旅に出まして、
大阪―松山―大阪―松江−大阪の大移動。

しかも松山城にも松江城にも行く、まさかの城はしご。
出雲大社にも、お参りしてきました。

ずっと移動することで、街と街の距離感を知ることもできるし、
個人的には、なんか旅してるなーと思います。

移動で疲れちゃって、旅先で楽しめないという意見があるのもわかります。
それはそれで、それぞれの楽しみかたがあって良いのではないかと思います。
そんなこんなで、瀬戸内への旅特集を仕上げていきたいと思います。

それではどうぞよろしくおねがいします。

※編集長日記は、毎週金曜更新! 次回は4/7(金)更新予定です。
過去記事は、ハッシュタグ #編集長日記 をクリック。

Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVV7月号『阪神間』
発売日 2024年5月23日(木)定 価 900円(税込)