_MG_9991_HE

元タカラジェンヌの支配人 憧花ゆりのさんを直撃
宝塚ホテルの“今”

老舗ホテルが移転オープン
宝塚の新ランドマークへ! 〈前編〉 

2020年6月、[宝塚大劇場]西隣に、同劇場のオフィシャルホテル[宝塚ホテル]が移転。オープン以来、注目が集まっています。今回は弊誌2022年7月号(『北摂特集』)でご紹介した[宝塚ホテル]の魅力を、「SAVVY.jp特別版」として深掘り!ホテルジャーナリストの松澤壱子さんが[宝塚ホテル]、そして支配人で元タカラジェンヌの憧花ゆりのさんの“今”に迫りました。そのトークの模様を、前半・後半に分けてお届けします!

ロビーで、タカラジェンヌさながらポーズを決める憧花ゆりのさん。
憧花ゆりの

元宝塚歌劇団月組娘役スター(2000〜2018)。『エリザベート-愛と死の輪舞-』の皇后ゾフィーなど重要な役どころを演じ、豊かな表現力でファンを魅了した。2020年6月、[宝塚ホテル]支配人に就任。

松澤壱子

ホテルジャーナリスト。世界のホテル、レストランの取材を中心に活動。著書に『世にも美しいホテル-心満たされる場所-』(ぴあ)など。IG@mbichiko

タカラジェンヌの経験を
支配人業に活かして

松澤(以下、松) 今日はよろしくお願いします。
憧花(以下、憧) こちらこそよろしくお願いします。松澤さんはホテルジャーナリストとして、世界中のホテルを訪れていらっしゃるので、いつも勉強さ
せていただいています。
松 いえいえ。私はホテルが大好きなので、ホテルの話をすると止まらなくなっちゃうだけです(笑)。そして、ホテルと同じぐらい大好きなのが宝塚歌劇! だから、歌劇団にいらした憧花さんが支配人に就任されたときは本当にうれしくて!
憧 ありがとうございます。おかげさまで、もう2年半が経ちました。
松 今は主にどんなことをしてらっしゃるんですか?
憧 いろいろな業務を任せていただいてますが、メインの一つは、宝塚歌劇に関する展示ギャラリーの企画・監修です。
松 あのギャラリー、すばらしいですね。ブロードウェイにも施設内に劇場を持つ[ニューヨーク・マリオット・マーキス]や、ユニークな趣向のホテルがありますけど、あんな風にお衣装や小道具を展示してるホテルはないですもの!
憧 お衣装や小道具には、スタッフの方々の舞台や生徒(出演者)への愛が込められているんです。でも、客席からだと細かい部分までは見えないので、ギャラリーでぜひ披露したいなと。
松 月組公演(『カンパニー -努力、情熱、そして仲間たち-』)に登場したコンビニおにぎり、感激しました!
憧 裏の成分表示欄に成分じゃなくて、あらすじが書かれているという(笑)。そういう遊び心にも、小道具さんの“生徒に喜んでもらいたい”という愛を感じます。
松 テーマだけでなく、展示物のセレクトにも舞台に立たれていた経験が活きているんですね。
憧 今は「ホテル」をテーマにした展示をしているんですよ。
松 さすが! 宝塚歌劇には、憧花さんが出ていらした『グランドホテル』や『王妃の館』、『マスカレード・ホテル』といった、ホテルが舞台の作品も多いですし、憧花さんにぴったりのテーマですね。
憧 『グランドホテル』に「人々はやって来ては去っていく」というセリフがありましたが、ホテルに勤めていると、お客様の人生の節目に立ち会う機会がたくさんあって。今、あのセリフを実感しているところです。
松 確かにホテルはドラマティックな場所ですよね。私は、以前から「ホテルは劇場、優雅にもてなしてくださるホテリエは役者」とよく言ってるんですけど。
憧 おもしろい!
松 私にとっては宝塚歌劇同様、ホテルもドラマティックな夢の世界。しかも、こちらにはタカラジェンヌでいらした憧花さんが支配人でいらっしゃるし、雰囲気はまるでシャトー(城)のようでしょ?
憧 シャトーですか⁉︎
松 そう、ヨーロッパのシャトーホテル! ホテルの前に白馬がいてもおかしくないんじゃないかしら〜。
憧 あ、白馬いいかも(笑)
松 シャトーに憧花さんのようなプリンセスもいらして、ここは夢の世界! まさに[宝塚ホテル]のコンセプト“夢のつづきを、ここで”なんです!
憧 (笑)
松 私の友人も、憧花さんと記念撮影をしていただいて天にも昇る気持ちだったと言ってましたよ。
憧 そんな大げさな(笑)。でも、いろいろな業務があるので、ロビーに常にいられる訳ではなくて……。
松 だから、お会いできたときは、ついうれしくて記念撮影をお願いしたり、少しお話ししたり。
憧 お悩み相談を受けたこともありましたね。
松 あら!
憧 本来の支配人の仕事ではないですが、私にできること、求められていることであればできる限り応えたいなと。
松 そんな支配人いないですよ! お人柄がすばらしい!
憧 劇団で組長(組をまとめるリーダー)をしていたイメージが強いのかもしれませんね(笑)。
松 (笑) 

ホテルジャーナリストとして、関西を拠点に活躍する松澤壱子さん。

約半年ごとに展示内容が変わる宝塚歌劇展示ギャラリー。

展示は、特集テーマに沿って支配人の憧花ゆりのさんが監修。実際に劇中で使用された小道具や衣装にうっとり。

ホテルに滞在のお客さんと談笑する憧花さん。気さくな応対に感動!

写真/岡本佳樹

〈後編〉は、11/29(火)更新予定です。ぜひチェックしてくださいね!

店舗情報
兵庫・宝塚
宝塚ホテル
  • 電話番号
    0797-87-1151
  • 住所
    宝塚市栄町1-1-33
  • 営業時間
    チェックイン14:00/チェックアウト11:00
  • 料金
    1名1室26,620円〜
  • アクセス
    各線宝塚駅から徒歩4分

※この記事は2022年8月号の記事を再編集しています。記事に掲載されている展示内容や、店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は掲載時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。最新情報をご確認の上お出かけください。

Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVV8月号『関西で楽しむ!アジアなランチと雑貨』
発売日 2024年6月21日(金)定 価 900円(税込)