music_playlist_hd

今月のMY PLAY LIST
選曲してくれたのはこの人!

儀間 建太/ あだ名はGIMAちゃん。ロックバンド・愛はズボーンのボーカル&ギターを担当し、大阪・アメリカ村のクラフトビールショップ&ギャラリー[iiie]のマネージャーという顔も。2024年2月には、ニューアルバム『MIRACLE MILK』をリリース!

THEME:COVERS

☑『Have You Ever Been (To Electric Ladyland)』/Nai Palm


「HIATUS KAIYOTEのメンバーでもあるNai Palmによるジミ・ヘンドリックスのカバー曲。繊細な歌声とギターがとても心地良く、穏やかな気持ちになれる。ジミヘンの書くラブソングってロマンティックだよな〜」



☑『Smoke Rings』/Hether


「Spotifyサーフをしていて『あれ?これ聴いたことあるけど初めて聴くぞ?』と、調べたらサム・クック。これが収録されてるHetherのカバーアルバム、この春一番聴いてるかも。原曲を探しながら聴くのもお薦めです! 」



☑『Hyperballad』/UA


「UAからBjörkを感じることも、BjörkからUAを感じることもある。UAがBjörkを歌うとこんなに有機質な印象に変貌するんだ〜と驚いた曲。『ラララ〜♪ラララ〜♪』だけでこんなたくさんの表情見せられるのかよ……」



☑『People Get Ready』/小坂 忠

Sony Music Labels Inc.



「数多くのアーティストにカバーされてきたThe Impressionsの大名曲。小坂 忠が和訳している箇所があり、その詩がいつも胸に響く……一息ついたらまたがんばってこーって背中を押してくれる親友みたいな曲」



☑『Across The Universe』/クラムボン


「ジョン・レノンが妻、オノ・ヨーコとの生活や会話から着想を得て書かれたとされる一曲。冒頭は原田郁子のパートナーでもあるハナレグミの歌声から始まり、二人の空気感が切り取られているようで、あたたかくて優しい」

今回のテーマはカバー曲。儀間さんからの温かいメッセージをどうぞ! 「同じ曲なのに歌う人の解釈でメッセージや与える印象も変わるし、原曲も合わせて聴いてもらえたらそのアーティストのパーソナリティも見えてくるよ! 今回は今の季節にぴったり合いそうな、温かくて優しい曲を中心に選曲したので、仕事、学校、家事終わりや、寝る前のほっと一息つきたいときに聴いてみてね! そんでみんな毎日おつかれさん! 」

※この記事は2024年6月号からの転載です。記事に掲載の情報は掲載時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。最新情報をご確認ください。
Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVV7月号『阪神間』
発売日 2024年5月23日(木)定 価 900円(税込)