book_shop_hd

今月のブックショップスタッフ
[犬と街灯]谷脇栗太さん

大阪・豊中[犬と街灯]

2019年にオープン。リトルプレスやZINEといった個人出版の本やグッズを中心に扱うブックショップ。エッセイ、小説、詩集など谷脇さんが選ぶ出版物はジャンルも多様で、「犬と街灯」名義の出版物も展開。店内併設のギャラリースペースでは、展覧会やイベント、ワークショップも随時開催する。

『はやにえ日記』


著/糸川乃衣 800円

「ハヤニエ探し」を通して
自分をとりまく世界と対話する

 ある日ふと思い立ち「モズのハヤニエ」を探し始めた作者は、公園や川原を歩いて生き物たちを観察し、立ち止まってはあれこれ思いを巡らせる。本書には2022年2月からの二つの冬の日記と、そこから生まれた掌編小説やエッセイが収録されています。作者にとってのハヤニエ探しは、自分をとりまく世界と対話し、自分の居場所や他者との関わりを確認する行為でもあるようです。日々刻々と姿を変える身近な自然が愛おしく感じられる一冊です。

『日常をうたう〈8月15日の日記集〉』


著/椋本湧也 1,650円

終戦の日の続きを生きる
27人の個人的な「8月15日」

 作者の祖母が語る戦争体験を糸口として、現代を生きる27人がそれぞれ綴った「8月15日」の日記。掲載されているのはなんでもない日常ですが、78年前の終戦の日の続きであり、今まさに起こっている戦争や虐殺とも地続きの日常でもあることに思いを巡らせれば、その見え方が少し変わってきます。個人的でささやかな日常を高らかにうたい上げることが、大きな暴力に抗う力になるかもしれない。そんな希望と決意を感じる一冊です。寄稿者による朗読音声も付属。

店舗情報
大阪・豊中
犬と街灯
  • 電話番号
    なし
  • 住所
    豊中市庄内西町3-10-27
  • 営業時間
    12:00~19:00
  • 定休日
    月~木&不定
  • アクセス
    阪急庄内駅から徒歩6分

※この記事は2024年6月号からの転載です。記事に掲載の情報は掲載時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。最新情報をご確認ください。
Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVV7月号『阪神間』
発売日 2024年5月23日(木)定 価 900円(税込)