_TAK7140実画像HE

編集長の竹村です。

梅の開花がはじまり、桜のつぼみも膨らんできました。
急に冷え込んだりもしますが、
春の訪れを感じる、今日この頃。

『SAVVY』では、毎年恒例の「京都特集」が発売です。
毎回言ってる気がするのですが、
京都は、本当に新しい店がどんどんできている印象です。
新陳代謝が早いというより、新しい店もできていれば
老舗も新しいことを始めたりと、なにかとニュースが多いんです。
(学生が多いとか、歴史的な背景とかいろいろ理由はあると思います)

ともかく平坦でコンパクトな街だから、巡りやすく、
新しい店に出合いやすいのかもしれません。

そんな京都は、あっちとこっち、ふたつ行き先を決めて巡るのが正解!
という提案を、今回の『SAVVY』ではしています。

目的地が1カ所だけだと、前後にどうしよう?となるし、
逆に目的地を詰め込み過ぎると、スタンプラリーのようで忙しい。
2カ所くらいがちょうど良いよね、と思いませんか?

豆皿を買いに行って、スイーツを食べて帰る、とか。
お寺にお参りして、お団子を買って帰る、とか。

先日、東寺に行ってきました。
外から見てばかりで、ちゃんと中に入ってお参りするのは
2回目くらいかもしれません。
京都のみならず、関西は寺社仏閣が日常にありすぎて
慣れてしまっているなぁ、と。

例えて言うなら、大阪の人で通天閣に登ったことがある人は
意外と少ないんじゃないか、という話です。
京都タワーもしかり。

普段、目にしているだけに、気にしていないというか。
でも、東寺に改めて入ってみて、
「国宝だらけやん……」と、アホみたいな感想がありまして。
こんなに狭い場所に国宝がいっぱいある街は、他にはないのではないか。

それ気付いてなかったん?
というツッコミは覚悟の上の吐露でございます。

でも、近くにいるからこそ定番のものを見逃してませんか?
と、ご提案したいです。

表紙になっている[かざりや]のあぶり餅。
改めて、ああやっぱりおいしい、すてき!となるのです。

そんな、新しいと定番が詰まった京都へぜひ!

今宮神社の門前で江戸時代から受け継がれる[かざりや]のあぶり餅。1人前600円

写真/エレファント・タカ

※編集長日記は、毎週金曜更新! 次回は3/3(金)更新予定です。
過去記事は、ハッシュタグ #編集長日記 をクリック。

Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVV7月号『阪神間』
発売日 2024年5月23日(木)定 価 900円(税込)