IMG_9021_he

ニューヨークから縁もゆかりもない京都に引っ越した
“よそさん”ライターが見つける、京都の発見あれこれ。

ありがとう、デヴィッド・ボウイ。

 日本のいいところ、いいものを、外国人によって再発見させられる。そういうことって、結構ある。
 例えば、日本語の「IKIGAI(生きがい)」。ニューヨークに住んでいたとき、現地の出版社で働く友人から聞いたのだけれど、〝生きるための意味や目的を得る〟という言葉のコンセプトがすばらしいのだとか。欧米圏ではベストセラーの本も存在するらしい。
 ニューヨークで熱烈支持されている日本の食べものもあった。その一つが、「Mochi Ice Cream」。餅で包まれたアイスクリーム、つまり「雪見だいふく」みたいなアイス。チョコ、マンゴ、ココナツなどのフレーバーがあって、スーパーで普通に売られていたし、街なかに専門店もあったほど。
 レストランでは、たびたび「Hijiki(ひじき)」にも遭遇した。肉魚卵などを排したヴィーガンメキシコ料理店では、セビーチェ(本来は魚介のマリネサラダ)に用いられていて、「魚の代わりにシーフードっぽい味が出せるから」とシェフ。なるほどね。以来、我が家のサラダにも、ひじきが加わった。

 前置きが長くなったけれど、すこし前に京都で、思いがけない庭園に出合った。北区西賀茂の[正伝寺]にある、枯山水の庭である。きっかけは、ミュージシャンの故デヴィッド・ボウイだった。彼が生前に愛し、コマーシャル撮影も行った庭だと、人づてに聞いたのだ。へえ、知らなかった。さっそく興味津々で向かった。
 [正伝寺]は、[金閣寺]よりさらに数キロ北、のどかな住宅街にある。こんもりした緑を背負うように建つ山門をくぐり抜けると、ゆるやかな登り坂の参道が続く。心なしか空気がひんやり、しっとり。さっそく癒やされる。

住宅街のなかに山門がひっそりと。

秋の紅葉、冬の雪化粧もぜひ拝みたい。

 庭園にたどり着くと、先客は数組ほど。すぐに貸し切り状態になった。縁側に一人腰かけて、庭をぼうっと無心に眺める。敷き詰められた白砂に、整然と刈り込まれたサツキ。遠く前方には、比叡山のきりっとした姿。耳に聞こえてくるのは、鳥のさえずりと風の音だけだ。こんなにも下界のノイズが遮断される場所って、なかなかない。

江戸初期に作庭されたという庭園。秋の紅葉、冬の雪化粧もぜひ拝みたい。

 そのとき、ふわっと春風が吹いた。白壁の外に植えられている満開の桜の花が、いっせいに舞い散る。ちらちらと、まさに花吹雪。あまりにもドラマチックな美しさに、息をのんだ。風がやんで、庭が静けさを取り戻すと、私の心にも平穏が訪れた。内に抱えていた、いがいが、もやもやが、すっかり掃き清められてしまった。

緑いっぱい。邪気が祓われてすっきり。

 予想外のカタルシスと、帰り道の多幸感。すばらしい発見だった。デヴィッド・ボウイよ、どうもありがとう。それにしてもあなたは、どうやってこの名園を見つけたのですか?

※最新話(vol.8)は、SAVVY8月号(6/23発売予定)に掲載予定!

著者

Niehei Aya

エッセイスト。夫の仕事の移転を機に東京からN.Y.へと移住し、N.Y.にまつわる著書を数々出版。9年の滞在を経て、2021年にあこがれの京都へ。近著に『ニューヨークおいしいものだけ』(筑摩書房)、『ニューヨ ークでしたい100のこと』(自由国民社)

  • Instagram
    @nipeko55
※この記事は2022年7月号からの転載です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は掲載時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。最新情報をご確認の上お出かけください。
Share
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
SAVVY 2022年9月号
発売日 2022年7月23日(土)定 価 820円(税込)